NEW

ライフハックで快適な日々快適な毎日を送るためのライフハックを紹介するサイトです。 <お問い合わせはこちら>

仮眠で仕事の能率を上げよう

仮眠をとると、脳を一時的に休ませることができるためスッキリします。上手に仮眠が取れるようになると夜の睡眠時間が短くても大丈夫だと言われるほど効果的です。そこで今回は生産性を高めるための仮眠に関するライフハックを紹介します。

仮眠で仕事の能率を上げよう

仮眠の効果を知りましょう

「仮眠」を生活に取り入れると、精力的に仕事ができて生産性も高くなります。なぜ仮眠は生産性を上げるのかといえば、「ホメオスタシス」という生理的機能が関係しています。ホメオスタシスは体を正常に一定に保つための機能です。仕事中に眠くなるのは、疲れを感じた脳が、疲労を取るために睡眠を促すからです。仮眠を取り、脳に一時的な休息を与えることが大切です。仮眠により脳に貯まった疲労物質を取り除くことで、それ以降の仕事を効率的に行うことができるのです。

仮眠は「15分から20分」

効果的な仮眠をとるために、適正時間を知っておきましょう。仮眠が長すぎると、交感神経から副交感神経に切り替わり、本格的な睡眠に移行してしまいます。副交感神経優位の状態で起きると体が怠く、仮眠を取る前よりも眠くなってしまうことがあります。適正時間は「15分から20分」です。15分でも脳内の疲労物質を取り除くことができます。さらに20分以内なら交感神経優位のまま目覚めることができます。仮眠を取る時には、アラームを15分か20分後にセットしてから眠ると良いでしょう。適正時間の仮眠なら、目覚めも良く疲労も取れて元気になっているでしょう。

早速、仮眠をとろうと思っている人は、アラームを15~20分にセットして眠りましょう。きっと、目覚めた後は、爽快な感覚が得られ、脳も疲れも眠気もスッキリしているはずです。

引用:キュアレケア

このサイトに行って、詳細な記事を読んでみる

仮眠時の体勢にも注意しましょう

仮眠を取る時は、ベッドに横たわると眠りにつきやすいので効果的に思えます。しかし同時に熟睡しやすくなってしまい、副交感神経が優位の眠い状態で目覚めることになります。仮眠時の体勢としてふさわしいのは、椅子に座って背もたれに体を預けた状態です。眠りにくそうに感じるかもしれませんが、これが質の高い仮眠をするための体勢です。仮眠を取るのは脳内の疲労物質を取り除くためで、体を休める必要はないのです。

カフェインを目覚まし代わりにしましょう

カフェインを含むコーヒーなどを摂取すると、30分後に覚醒効果が表れると言われています。効果的な仮眠の時間は15分から20分なので、カフェインを含む飲み物を起床時間から逆算して飲んでおくと、目覚まし代わりになり起床しやすくなります。また脳を休ませるため外からの刺激を入れないように工夫しましょう。職場で仮眠をする時は、アイマスクと耳栓を利用すると刺激のない環境を作れます。十分に脳が休める理想的な状態で仮眠をとることができるでしょう。また目覚めた直後に「太陽光を浴びる」こと、さらに「冷たい水を飲む」ことで、目覚めがスッキリします。脳が休息状態から覚醒状態に切り替わるためのサポートをしてあげましょう。加えて冷たい水で顔を洗うと、顔と手に刺激を与えることができて効果的です。

寝る前にカフェインを取ると神経を興奮させて眠れなくなると言いますよね。確かに就寝前のカフェインは推奨されていないのですが、仮眠の場合は、カフェインを取り入れることで仮眠の効率を上げてくれるのです。

引用:ナースときどき女子

このサイトに行って、詳細な記事を読んでみる

人気のライフハック情報!